国鉄廣島支社ブログ

広島都市圏の交通を主に扱っていきます。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白島新駅 開業の影響

2010.10.31 (Sun)

2014年度開業予定の白島新駅ですが、JR西日本が可部線の利用者が減るとして懸念を示したとして15年近く放置されていました。


そこで、本当にJRの利用者が減るのか?アストラムラインは黒字転換するのか?我々利用者にはどのような利便性が見込めるのかというのを、考えてみました。


はじめに

地図で示そうと思っていましたが、大きくなりすぎてできませんでした。

文章ばかりで読みにくいです。(゚Д゚)ウゼェェェと思われる方もいると思います。

すいません。(;´Д`)

白島新駅の導入効果(広島市の資料を参考)

乗り換え時間は3分と考慮(ALはアストラムライン)下線部は白島新駅経由

広島駅~紙屋町

広電11分~20分 11~20分

JR2分+乗り換え3分+AL3分 8分

西広島~紙屋町

広電17分~26分 17分~26分

バス20分~37分 20分~37分

JR6分+乗り換え3分+AL3分 12分

安東駅~広島駅

AL5分+乗り換え3分+JR26分 34分

AL17分+乗り換え3分+JR2分 22分


格段に時間が短縮されそうですね。

また、ALは完全地下、高架を走っていることやホームドアが全駅に設置されていることで人身事故は発生せず、強風や雪にも強く台風や大雪でも運行されるので、遅れ、運休は1年に1回以下と定時制はJR、広電、バスと比べても格段に上です。


考えられる影響

JR

①大町~可部の利用者は変わらず大町以南の区間でも逆に白島新駅と組み合わせることで、バスなどから利用者が流れてくる可能性がある。

②アストラムライン沿線の住民が山陽本線利用の際も可部線を利用しなくなる可能性やアストラムライン大町以西の利用者が、大町乗換えから白島新駅乗り換えになる可能性もある。

③JR白島新駅の周辺には、基町高校・崇徳学園・安田学園と広範囲から通学する生徒が多い学校やALSOKホール(旧郵便貯金ホール)もあり、JR単独の利用者も考えられるため、多少可部線で減少してもその他で補えると考えられる。

④JR駅~中心部までの所要時間が大幅に短縮されることで、広島電鉄宮島線の利用者の取り込みが発生する


これらのことからJRはプラスになると考えられる。


アストラムライン

①JRの①や②で増収が見込める。

②山陽本線利用者を受け止めることが可能になる


これらのことからアストラムラインもプラスと考えられる


広電

①本線や宮島線の利用者が、減少すると考えられる

②宇品方面や江波方面などはアストラムラインの影響が少ないことや白島新駅に呉線・芸備線が乗り入れないので影響は限定的と思われる


これらのことから広電はマイナスだが限定的と考えられる


利用者

白島新駅導入効果をみると、広電やバスなどからアストラムラインを利用することで、片道10分以上の短縮が可能になる。


利用者にとってはプラスになる



次回は、呉線復活!です。



関連記事

コメント

1. うす
山陽線の本数が少ないから、その時間計算は成り立ちません。
呉の者が白島新駅で乗り換えるとかっておもってましか?
アンケートとってみてください。
ビックリしましたから
2. Re:うす
>きよさん

1日あたりで一番混雑するラッシュ時を想定し、呉線・芸備線は度外視なので問題ありません。

ただ、7~8時台は広島~横川は、山陽本線と可部線の重複区間というのもあり、本数が10本近くあります。
また、広発可部行きが数本あるので、あまり期待はしていませんが、少しはいるのではないかと思っています。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。