国鉄廣島支社ブログ

広島都市圏の交通を主に扱っていきます。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島東部連続立体交差 続報

2010.10.22 (Fri)

広島県と広島市がJR西日本に広島東部連続立体交差詳細設計の策定を来年度に要請します。


広島東部連続立体交差事業の概要

http://ameblo.jp/0851050/day-20100909.html


これまで県が59億円、市が24億円の資金を投入し、3月末時点で広島県が90%、広島市が61%あわせて82%の用地買収を済ませたことが理由です。

広島市が61%と低いのは、建設中の広島南道路(広島高速3号線)に資金を集中させたためだそうで、1件分の面積が大きい工場などが残っており、13年度までには完了できるそうです。


用地買収は、高架建設を行うと同時に列車の運行も行うため、仮設の線路用地として行っている。


来年度から2年をかけ、詳細設計を行うとともに、2012年度には県・市・JRの三者協定を結ぶことが決まっています。



来年から、現在JR西日本広島支社・鉄道病院がある二葉の里区画整理事業や白島新駅、広島駅自由通路などの建設があり、てっきりまた財政難を理由に、3年~4年程度先延ばしにするものと思っていたので、正直びっくりしました。

ただ、先日には広島県が県庁建替えのための積立金を財政難を理由に切り崩すとのニュースがあったばかりで、着工までは油断できませんね。


次回は、白島新駅選考会です。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。