国鉄廣島支社ブログ

広島都市圏の交通を主に扱っていきます。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島東部立体交差事業

2010.09.09 (Thu)

広島東部立体交差事業というのは、山陽本線4.6キロメートル、呉線1.7キロメートルの区間を高架にし、その区間内にある20ヵ所の踏切を解消する事業です。



国鉄廣島支社ブログ


事業費はおよそ960億円

事業にあわせて、向洋駅と海田市駅の周辺を区画整理する事業もあり立体交差よりも先行して進められています。

着工予定は2013年度で完成予定は2022年度

当初の計画では、2002年着工で2009年完成予定でしたが、広島市が財政難を理由に延期、その後2009年着工の予定でしたが、マツダスタジアム建設や広島高速道路の建設を理由にまた延期されました。



昨年あたりから、海田町の町役場の移転問題のニュースが騒がれていますが、移転の理由は老朽化とこの事業が着工された場合、列車を通過させる為の仮設線路の用地になる為、立ち退きになるのが大きな理由になっています。その期限は2012年3月になっています。


この事業では踏切が20箇所解消されますが、同時向洋駅と海田市駅が高架駅になります。

特に海田市駅では、3階だての駅舎になり、1階が改札、2階が呉線ホーム、3階が山陽本線ホームになる予定で、まるでアーバン地区のような駅になる予定です。



完成予定図 事業の遅れを感じされる色ですね。2022年度も115系なのでしょうか?

国鉄廣島支社ブログ

このまま順調に用地買収が進められれば、2013年度に着工される予定ですが、2009年時に計画されていなかった、広島駅自由通路(120億円)二葉の里区画整理(70億円)などが今年から来年にかけて着工される予定なので、また延期になる可能性もあるため、着工にこぎつけるまではまだ分かりません。



次回は、先日開設から4ヶ月たったこのブログを改良した(ブックマーク開設など)ので、その概要をまとめます。


関連記事

コメント

1. 無題
初めまして、いつも更新を楽しみにしている広島男児といいます。よろしくお願いします。
僕は毎日呉線で通学しているのですが、高架化の計画をすっかり忘れていました、特に向洋付近では、ほぼ毎日無謀横断があるので早く高架化してほしいものだと思います。
高架化が終わっても115系だったら「末期色」がくるので予想図のとおりにはなりませんね。
2. Re:無題
>広島男児さん
こちらこそ初めまして、これからもよろしくお願いします。
やはり、コメントを頂くとこれからの更新の励みになり、ブログを運営して良かったなぁと思います。

読書になるボタンが右にありますが、ログインしてもらえば、登録したアドレスの携帯やパソコンにブログが更新するたびに、メールが届くので便利です。まだ、一人も読者がいないので、ぜひ読者になってやって下さい。お願いします。

向洋にはほとんど行く機会がないので、知らなかったのですが、毎日のように無謀横断があるんですね。前回の記事の向洋北口開設が実現すれば、かなり解消されるのではないでしょうか?

このままの計画では、12年後に完成ですが、新車が入らなかった場合115系というか、広島支社の車両たちのほとんどが40~55歳ですねwwww




3. 無題
返信のコメントありがとうございます。
残念ながら僕はアメーバブログのIDを持っていないので読者登録できませんが、毎日更新チェックしてるのでまたコメントさせていただきます。
4. Re:返信ありがとうございます
>広島男児さん
わざわざご丁寧に返信ありがとうございます。
これからも毎日更新できるように頑張りたいと思います。
広島市東部JR高架計画の見直し案と急がば廻れ案(私案)
当初は向洋駅~海田市駅の全区間が高架となる計画でした。ところが、財政難による見直しがかかり、住民としては非常の悲しいことに、中間の船越地区だけ高架化がとりやめとなり、よりによって、過去に国交省が開かずの踏切として指摘している「引地踏切」だけが残ることになっています。さらにはその両側の「船越踏切」と「的場川西踏切」が高架と地上をつなぐ勾配のため閉鎖となります。
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1378168632773/index.html
この見直し案で押し切られそうな状態です。私は財政難で妥協して1つ踏切を残すとしたら、
http://blogs.yahoo.co.jp/pige_kazu/13946370.html
が最適と考えました。県や市にもメールで送っておりますが、「街づくりへのご理解をお願いします」と返信があるだけです。急がば廻れ案は今より不便になるところは無く、どの地区も必ず今よりは便利になります。見直し案は船越地区にとっては、作ると不便で、危険な踏切が残る計画になっています。
先日も通勤/通学の時間帯に長い貨物列車が赤信号で止まり、そこらの踏切がすべて開かずになっているのを見かけました。早く作ってほしい気持ちもありますが、こんな計画ではかないません。
運行するJRにとっても、やりにくいと思います。登って下ってまた登らないといけないし、見通しの悪い「引地踏切」が残りますので・・・

第三者の方からご意見をうかがえたら幸いです。よろしくお願い申し上げます。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。