国鉄廣島支社ブログ

広島都市圏の交通を主に扱っていきます。

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR三江線にて毎週イベント開催 CFにて募金活動も

2016.02.29 (Mon)
廃線が噂されている、JR三江線
活性化を目指し、今年4月より週1回イベントが開催されることになりました。

それぞれの地元が主催し、「三江線沿線魅力化プロジェクト実行委員会」さんが参加者の募集や運営を担う。
資金は、クラウドファンディング(CF)にて、4月28日までに150万円の資金集めを目指す。

出資は、下記のURLにて可能です。
https://readyfor.jp/projects/6933

このような活動は、同じ広島県内で一部廃線になったJR可部線でも展開されていましたが、
あの頃はCFなんてものはありませんでした。
署名や抗議をするだけでなく、実益を兼ねた活性化には賛成です。
活性化によって存続という奇跡を見てみたいと思いました。




関連記事
スポンサーサイト

向洋駅~海田市駅 連続立体交差事業 完成時期

2016.02.28 (Sun)
山陽本線向洋駅海田市駅周辺で現在計画されている連続立体交差事業について、
完成時期が発表されました。

事業位置図
(事業見直し前)
連続立体 見直し前

(事業見直し後)
連続立体 見直し後
上記広島市HPより

事業の経緯
昭和63年4月 連続立体交差事業調査(補助)

平成 5年4月 事業採択

平成11年3月 都市計画決定

平成14年3月 事業認可取得

平成19年1月 7年延伸を公表(工事完了を平成27年度から平成34年度に変更)

平成24年2月 事業の見直し検討を公表

今後の事業計画は、向洋駅周辺着工後5年後に海田市駅周辺の事業を開始する予定です。
完成時期は、向洋駅周辺は平成40年。海田市駅周辺は平成45年の完成予定。

都市計画決定から、当初予定から大幅に縮小し34年も掛かるんですね。
広島駅周辺再開発も36年かけて完成。アストラムライン延伸も29年かけて完成。
広島の都市中枢機能の低下が叫ばれ、歯止めがかからないのも納得です。




関連記事
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。