国鉄廣島支社ブログ

広島都市圏の交通を主に扱っていきます。

ダイヤ改正 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年春ダイヤ改正 広島地区【2】

2016.03.24 (Thu)
前回に引き続き、広島地区のダイヤ改正についてです。
2016年春ダイヤ改正 広島地区【1】

③土休日の可部線増強
可部線の土休日の9時~11時台の列車を4両化

④227系追加投入
32両を追加投入し、平日の昼間時間帯の山陽本線(三原~岩国)・呉線(広島~広)・可部線(全線)
の列車を227系に統一します。
復活する「シティーライナー」も全列車を227系で運行します。

運行区間も、東は糸崎→福山・西は、由宇→徳山まで延長されます。

⑤ドア枚数の統一
山陽本線(三原~岩国)・呉線(全線)・可部線(全線)において、
終日3ドア車に統一されます。
これにより、105系(4ドア)・115系3000番台(2ドア)が撤退することになります。

⑥列車の削減
土休日ダイヤにおいて、朝・夕方以降の時間帯で本数が削減されます。


今回の227系追加投入の結果、JRシティネットワーク内の山陽本線・呉線の列車の過半数が227系になります。
可部線も主力車であった105系(4ドア)の撤退によって、227系率が大幅に増加します。

また、ドア数の統一により、近い将来ホームドアの導入も期待されます。

2016年度には、可部線延伸・寺家駅開業
2017年度には、広島駅・大野浦駅・岩国駅自由通路完成
上記にあるように広島地区では、今後も次々に設備投資が実施されさらなる利便性が図られます。
今回のダイヤ改正後は、もはや国鉄廣島ではないのかもしれません。








スポンサーサイト

2016年春ダイヤ改正 広島地区【1】

2016.03.21 (Mon)
225系
広島地区の主力227系


2016年3月26日(土)JR西日本がダイヤ改正を行います。
今回は、広島地区についてお伝えします。

①「シティーライナー」の復活
6年ぶりに日中の快速列車が復活。
山陽本線
広島~岩国において、毎時2本設定されます。(土休日限定)
大野浦以西で各駅停車になり、シティーライナーが普通列車の代替となる為、運行本数は増えません。

呉線
広島~西条において、西条駅発10時台2本設定され、運行本数は純増です。

②呉線にて快速列車の見直し
呉線にて土休日の快速列車の運転が見直されます。
午前中
呉方面から広島へ向かう列車で普通列車2本を快速「安芸路ライナー」に置き換え、
広島着9時~11時台は、快速列車2本・普通列車2本へ統一されます。

夕方
普通列車から快速列車への変更で、運転本数を統一。
広島から呉方面は、15時~19時台を快速列車2本・普通列車2本に統一。
呉から広島方面は、16時~18時台を快速列車1本・普通列車2本に統一。
普通列車は両方向とも、1時間3本から2本へ減少します。


利便性が高まったように見えますが、快速列車の通過駅は本数が減少する為、
主要駅以外は不便になったように感じます。
しかし、シティーライナーの復活によって、土休日の利用の次第では
平日にも復活する可能性が出てきました。
2018年には、227系への置き換えが完了する為、2018年以降復活するかもしれません。







 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。