国鉄廣島支社ブログ

広島都市圏の交通を主に扱っていきます。

アストラムライン の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アストラムライン 平成28年度も引き続き好調

2016.09.28 (Wed)
アストラムライン 路線図
アストラムライン路線図 広島高速鉄道HPより

アストラムライン(広島高速鉄道)が、昨年度に引き続き今年度も好調をキープしている。

2015年4月→2016年4月
194.4万人→201.8万人 +3.8% 一日当たり2,466人増加

2015年5月→2016年5月
198.8万人→207.7万人 +4.5% 一日当たり2,870人増加

2015年3月に開業した新白島駅効果が引き続き出ているようです。
2年目を迎え、周知の広がりや並行するJR可部線からの転換等が進んでいるものと思われます。

アストラム新白島駅
アストラムライン新白島駅舎


情報引用元
中国地方運輸の動き

昨年度のデータ
広島高速交通平成27年度決算~乗客最多1日6万人超え~




スポンサーサイト

広島高速交通平成27年度決算~乗客最多1日6万人超え~

2016.05.31 (Tue)
広島高速交通(アストラムライン)が5月30日、平成27年度決算を発表しました。

アストラムライン 路線図
広島高速交通HPより引用。

乗客数 5万4680人→6万778人(1日あたり・前年比11.2%増)
純利益 3億5000万円→5億5000万円(過去最高・4年連続黒字)
累積損失 109億2700万円→104億5800万円(資本金は100億円)

JR山陽本線との接続駅である新白島駅の効果が、通年で現れ乗客数・純利益共に大幅に伸びました。
また、累積損失も順調に減り、平成34年度まで債務超過が予想されていましたが、来年度にも解消される見通しです。
※債務超過=資本金-累積損失 100億円-104億5800万円=-4億5800万円
平成27年度現在の債務超過は、4億5800万円です。


平成28年度以降は、新白島駅の認知の広がりや、沿線大学の定員増加、接続しているJR可部線の延伸を控えていることから、
景気低迷等が無い限り、一貫して増加していくものと思われます。




 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。